冷え性は仕事に影響する

毎年寒い時期になると悩ましいのが「冷え性」。
暑い時期にはそんなに冷え性になることは少ないのですが、寒くなってくると毎回必ず冷え性になる時があります。

 

特に冷え性になる部分は手と足の先です。
心臓から遠い部分が冷えやすいとよく言われますが、まさにその通りです。

 

冷え性になって1番困ることは仕事でパソコンを使う時です。
パソコンは指をフルに使って文字を入力していくので、手が冷え性になると仕事のスピードがだいぶ遅れてしまいます。
指が冷えているとうまく動かしづらいんですよね。おそらくパソコンを普段から触っている人は誰もが1度は経験あるかと思います。

 

なので、手が冷える時は仕事前にかならず温めるようにしています。
手袋や缶コーヒーで温めることで、なんとかしのいでいます。
足先の冷え性に関しては、できる限り厚めの靴下を履いたりして予防しています。

 

あとコンパクトタイプのヒーターを近くに置いたりするのも有効ですよね。
冷え性になるのはしょうがないことです。
なので、マメな予防をすることが大事だと思っています。