布団に入っても足が冷たいから寝つきが悪くなる…足元には湯たんぽが必需品

昔から冷え性に悩まされています。

 

特に一年を通じて冬の時期が一番つらいです。

 

 

足は冷えきって指先が特にひどいです。

 

そのため、夜の寝つきが悪くてなかなか寝れません。

 

しかも、靴下やタイツなどをはくのが嫌いなのでどうしようもありません。

 

 

あれこれと対処法を思案したところ、冬は布団の中の足元に湯たんぽが必需品となりました。

 

また、基本足が冷たくなるので、こたつが大好きです。

 

比較的あたたかくなる5月でも朝と夜は足が冷えるので対して寒くなくてもこたつの中に足をいれています。

 

 

夏は夏で基本的に冷房が苦手です。

 

冷房がついている部屋にいると、しばらくすると足が冷たくなって身体中が冷えてきます。

 

鳥肌まででてくるので羽織る長袖の服が欠かせません。

 

 

そのため、夏よほど暑くならない限りは冷房と無縁の生活をしています。

 

ただ、家が暑いので冷たいものを多く食べるようになって、お腹を冷やすこともあったりすることもあります。

 

こうした冷えとの格闘はどんなときでも私の生活につきまといます。

 

冷えは身体全体に良いことはないと思っているのでこの体質がどうしたら改善するのか対処法を知りたいものです。

ページの先頭へ戻る